こんにちは。

6月の新刊がホームページにアップされましたが、ご覧いただけたでしょうか。

各書籍の紹介は専用ページをご覧いただくとして、今回はこれらの書籍を生み出した、

編集スタッフのペンケースにスポットライトを当ててみたいと思います。

編集者は、筆記用具を使う頻度が高い職業ですから、こだわりもあるはず!

なにか面白いものが見つかるかもしれません。

 

まずご紹介するのは『神様からのGift Word』などの書籍を

担当されているKさん(女性)ご愛用のペンケース。

代表作『ふたりはともだち』でおなじみの絵本作家、

アーノルド・ローベル氏の、がまくんとかえるくんのキャラクターですね。

小学校の教科書にもある「おてがみ」の1シーン。かわいい!

 

中身はフリクションペンがいっぱい入っていました。

文字に間違いがないかチェックするときの赤字入れに重宝します。

 

続いてご協力いただいのは、新刊『品よく美しく伝わる「大和言葉」のたしなみ帖』の

担当者Iさん(男性)。

 

友人からいただいた、皮のペンケースだそうです。年季、入ってる!

…ちょっと年季が入りすぎている?という問いかけに

ご本人は「チャックを開けなくても中身が取り出せる。さらに使いやすく俺になじんできた」とのこと。ちなみに中身はこちら。

 

こちらは『手裏剣戦隊ニンニンジャー ひみつ百科』を担当された、

Yさん(男性)の、朝定食をモチーフにしたペンケースです。

…使ってます?

新品同様の美しさです!

 

そして最後は元デザイナーのTさん(男性)のペンケース。

茶色の皮がなじんできていい味だしてます。中身はこんな感じ。

製図ペンが入ってる!書きやすそうです。

 

今回、みなさんに聞いてみて一番驚いたのは

ペンケースを持っている人が少ない!ということでした。

ペン立てがあるからいらないようです…。

 

EE

カレンダー

2017年5月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ