児童書
話す力書く力がついて頭がよくなる!

小学1・2年生のこくごクロスワード

書籍イメージ
監修:
青山 由紀
価格:
900円+税
初版年月:
2016/03
判型:
A5
ページ数:
144ページ
ISBN:
9784522434208
本の紹介 「こくごが苦手」
「日常用語をおぼえてくれない」
「なかなか学習に集中してくれない」
「普通のドリルだとやってくれない」

このような悩みを抱える親御さんもいらっしゃると思います。そのようなお子さんには、ゲーム性のある「クロスワードパズル」が良いきっかけになるかもしれません。

本書は、小学校1・2年生で習う「こくご」を中心とした「必修語句」、知っておいて欲しい「普段の生活で使うことば」をクロスワードの答えにしたパズル本です。
1・2年生別の章構成になっており、ほかの問題の答えをヒントに別の問題を解いたりできますので、すべてのお子さんに楽しみながらチャレンジしていただけます。
クロスワード以外にも、「絵さがし」「仲間のことば探し」「めいろ」など、変化に富んだ構成になっているので、飽きずに取り組めます。

このクロスワードパズルに取り組むことによって、「読解力」「思考力」「想像力」を総合的に養うことができます。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
・問題を読み取る「読解力」
クロスワードパズルのカギを読み取ることによって、「基礎的な読解力」を養えます。
・答えを考える「思考力」
カギから与えられるヒントをもとに、解答を導く「思考力」を養えます。
・パズルを解く「想像力」
解きづらい問題があっても、ほかの解答をヒントに答えを導くことのできる「想像力」を養えます。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

お知らせ

@nagaokashotenさんのツイート