児童書

なかよくなることば

こんな時代だからこそ読ませたい!
書籍イメージ
著:
宮下 真
価格:
1,300円+税
初版年月:
2017/07
判型:
B5変
ページ数:
112ページ
ISBN:
9784522435458
本の紹介 ─おうちの方へ
─
まわりの子たちとなかよくして、いい友だちをたくさんつくってほしい。
争いやけんかをせずに、やさしくて芯の強い子に育ってほしい。
そう思うのは昔からの親の願いでしょう。
しかし、子どもたちを取りまく日常には、けんかやいじめ、偏見や差別がいまだになくならず、子どもの心にもさまざまな影響を与えています。
身勝手な主張やわがままよりも、やさしさと思いやりを大事に人となかよくすること。
家族や友だちと心を通わせながら、いつも笑って暮らすこと。
そうした平穏な毎日こそ幸せの基本で、それを望むのは大人も子どもも一緒です。
その平和な暮らしはどうしたら守れるのか。その対極にある争いや戦争はどうしたら防げるのか?
この本は、歴史上の人物や人生の大先輩たちの名言をもとに、争いをせず人と心をつなぐための多くのヒントと、ゲームなど虚構の世界でしか知らない戦争の怖さを教え、平和のありがたさ・尊さをやさしく説きます。
友だちづくりや平和について、親子でともに考える手助けともなる絵本です。(著者より)

─「なかよくなることば」の例─

☆「なかよくなりたいなら、先に相手を好きになろう」
☆「笑顔はきっとかえってくる」
☆「心がしっかり強い人ほど、相手をゆるすことができる」
☆「けんかをしても、おなかがへるだけ。いいことないよ」
☆「自分らしく生きたいなら、人の個性も受け入れなくちゃね」
☆「世の中を敵か味方かに分けてしまうと、コワいことがおきそうだよ」
☆「負けたからって、下を向くことないよ」
☆「勝ったか負けたかでは、人のねうちは決められないよ」
☆「家族や友だちとなかよくすごすこと。それが世界中に広がっていけばいいね」
☆「みんなが笑ってくらせること、それがいちばんいいね」

─名言を生み出した歴史上の人物、人生の大先輩─

水木しげる、三浦知良、こうの史代(『この世界の片隅に』より)、森田まさのり(『ROOKIES』より)
、マハトマ・ガンジー
、シェイクスピア、ヘルマン・ヘッセ、モンゴメリ(『赤毛のアン』)
、マザー・テレサ、孔子、ブッダ、ニュートン、美輪明宏、デール・カーネギー、エイブラハム・リンカーン、オードリー・ヘップバーン、ジョン・レノンetc.

お知らせ

  • お知らせ112月発売の書籍情報を追加致しました(2017.12.4)
@nagaokashotenさんのツイート