実用書

思わず人に話したくなる モノの仕組みふしぎ雑学

相手が驚く雑談ネタが満載!
書籍イメージ
監修:
中村 智彦
価格:
700円+税
初版年月:
2015/08
判型:
A6(文庫判)
ページ数:
320ページ
ISBN:
9784522433799
本の紹介 私たちの身の回りは“ふしぎ”と“驚き”に満ちています!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
「500系新幹線の騒音対策はフクロウとカワセミがヒントだった!」
「宇宙で作られた日本酒がある!?」
「6500万年に1秒しかズレない時計がある!?」
「ICカードは0.1秒で情報を処理していた!」
「ケミカルライトは蛍の光をマネていた!」
「コピー機は静電気で動いている!?」
「シロアリ塚をマネたショッピングセンターがある!」
「世界一薄い和紙は0.02ミリ!」
「圧力鍋は沸騰を抑制していた!?」
「カメレオンのように色が変化する塗料!」
「撥水スプレーはフライパンと“同じ構造”だった!」etc.
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

本書はこのような「動植物の生態をヒントにしたモノ」(生物模倣製品)「普及した一級品」「身の回りのモノ」「乗り物」「家電」「先端技術」などをテーマに、その仕組みのすごさ、ふしぎさに迫った雑学文庫です。
未知のネタばかりですので、思わず誰かに話したくなるはずです。

●もくじ
第1章:知らぬ間に使っていた!「動植物の生態をヒントにしたモノ」の仕組み
第2章:知っているようで知らなかった!「一級品の技術が光るモノ」の仕組み
第3章:日々の生活で使っている!「身の回りのモノ」の仕組み
第4章:毎日お世話になっている!「乗り物・家電」の仕組み
第5章:技術力がここまで高まっている!「先端技術がいかされているモノ」の仕組み

お知らせ

  • お知らせ19月発売の書籍情報を追加致しました(2017.9.4)
@nagaokashotenさんのツイート