実用書
なんでそうした!? そうなった!?

もっとしくじり動物大集合

書籍イメージ
著:
新宅 広二
価格:
980円+税
初版年月:
2017/12
判型:
B6
ページ数:
192ページ
ISBN:
9784522435687
本の紹介 動物は進化の過程で、ちょっと変わった、よく見ると下手こいた能力や特徴を手に入れたりしています。
だから「行儀が悪い動物」や「ナゼかヘンなところにいる動物」や「わざわざマズそうな物を食べる動物」や「まったくイケていない動物」や「実際問題とってもかわいそうな動物」が生まれています。
でも、それらを含めて愛らしい動物たちなのです。
本書はそんな一見しくじって見える150種以上の動物に、突っ込みながら読むイラスト満載本です。
特に面白い動物17種は、4コママンガでプラスαのネタを紹介しています。
笑って学べる動物進化論、待望の第2弾です!

【しくじり進化論】
過去の偉人が「進化論」をどう間違ってきたか。

たとえば、2400年前は泥からミミズが生まれると信じられていた!
そんな歴代のポンコツ学説を笑い飛ばします。

【1章:君たち!行儀が悪いぞ 生態編】

・ゾウはメスにアピールするために、オシッコをチビらす
・ホッキョクグマは、暑いと腹ばいで歩いちゃうetc.


【2章:摩訶不思議!ナゼそこにいる 分布編】

・ビーバーは、自分で切った木の下敷きになって死ぬ

・カオジロガンは、自分のヒナたちを120ⅿの崖からダイブさせるetc.



【3章:寄食偏食!それ本当においしいの? 食事編】

・キリンは、動物界最大のゲロをする
・オオカミの離乳食は、親のゲロetc.



【4章:なんか微妙!それイケてないけど 形態編】

・ラクダのケンカの最終決戦は、ヘン顔にらめっこ
・ライオンは好きなメスの前ではニヤけてしまうetc.



【5章:ああ無常!かわいそすぎだろ 社会編】

・クワガタは勢い余って求婚相手のメスをぶっ飛ばす

・ニホンザルは、ケンカの原因がよくわからなくなるetc.



【動物しくじりランキング】
【しくじりごまかし術】

お知らせ

  • お知らせ112月発売の書籍情報を追加致しました(2017.12.4)
@nagaokashotenさんのツイート